2/23〜24 春日部市ポスボラ活動

Byじろっこ

春日部市八木崎(1日目)

初めての春日部、海老根さん・あいさんと私3人で、ポスボラ活動を行いました。最初に地図を見ながら活動起点のお宅を見つけると、あいさんがすかさずピンポン。なんと最初のピンポンで掲示OKを頂きました。

春日部、すげぇ。

3人ともモチベがぐんぐん上がり、強風の中でもポスボラ活動を続けることができました。途中、瓦屋根がついた立派な塀に囲まれたお屋敷に意を決してピンポンすると何とポスター掲示OK。海老根さんの機転で、このお宅が所有している駐車場にポスターを掲示できました。近くに線路があり電車内から確認できます。

春日部、すげぇ。

最後にご老人が住まわれているお宅にポスター掲示の許可を頂き帰路につきました。途中、周囲に異彩を放つ打ちっぱなしコンクリートの大邸宅を発見。何だか秘密基地みたいだねと話しながら駅に向かいました。実は翌日にこの大邸宅に掲示ができたのです。

春日部市八木崎(2日目)メロリン通り

遠路遥々、薫さんがいらっしゃり、薫さんと以前からのお知り合いのミキさんと4年生の麟太朗君と幼稚園のみづきちゃんと私の5人でのポスボラ活動です。麟太朗君、方向感覚が素晴らしく私が地図を見ながらモタモタしていると、的確に現在のいる場所を教えてくれます。非常にありがたかったです。我々のポスターチーム、私も含め方向音痴ばっかりなので、麟太朗君の活躍の場が増えそうですね。

そして、何よりも驚いたのは麟太朗君、自分でピンポンしポスター掲示の依頼をしたのです。辿々しかったけれど、ちゃんと言いたいことを言ってました。応対したお宅のご主人は何と答えたら良いかと焦ったのでしょう。インターフォン越しに「駄目デェーース」。もうちょっと気の利いたこと言えよ。とムカつきながら、彼の様子を見ました。少しくやしそうでした。でもミキさん安心してください。彼はどんな困難があろうとも、一人で立派に生きていける男だと私は確信しました。本当です。

そうこうしているうちに、昨日発見した秘密基地を麟太朗と一緒にピンポンします。インターフォン越しにポスター掲示のお願いをすると「チョット待ってください」との答えがあり、暫くすると、ゲルマン系(適当に言ってます。)と思われる若い女性が2人現れました。色々話していると、前回の参議院選挙では二人とも船後さんに投票したそうです。と言うことは日本国籍をお持ちなのだ。なんか変、私の常識では計り知れないお宅でした。会話中「かわいいわね。お孫さんですか」と聞かれ、「まぁそんなもんです」と答えましたが、若い女性からお孫さんですかと言われ、物凄いすごいショックでした。そう言われてもおかしく無い歳なのでどうしようもありませんが。もちろん、大判の掲示OK。壁を照らすライトの上の方に掲示するように指示がありました。夜間に、このポスターがライトアップされることを想像すると感無量です。また、一軒先のお隣の塀にも大判の掲示があり。まさにメロリン通りです。公明党の党員がこの道を通るときっと癪に障るに違いありません。座間宮ガレイさんです。

帰路に着く時に、行きがけに目を付けていた多党貼りのお宅にアタックします。薫さんの本領発揮です。お宅の中庭で畑作業しているお婆さんに話を付け大判掲示OKを取り付けました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0733-1024x768.jpeg です

やっぱり春日部、すげぇ。

私のポスボラ活動で初めて掲示をOKしてくれた時の感激は今も忘れません。きっと初恋の人に告白しO Kをもらった時の感激に匹敵するのでしょう。私は意気地なしで告白できませんでしたが。

きっと麟太朗君とみづきちゃんは一生忘れられない思い出となるでしょう。よかった。よかった。

次の記事

2/25 さいたま市